ブログ

ブログ

2024/04/20

その他

①睡眠障害の発生率の増加

花粉症の症状(くしゃみ、鼻水、目のかゆみなど)があると、睡眠中に呼吸困難や咳が増え、眠りを妨げる可能性があります。これにより、睡眠障害の発生率が増加します。


②睡眠の断片化

花粉症による症状で、夜間にくしゃみや鼻詰まりが起こると、睡眠が断続的になります。深い眠りが維持されず、睡眠の質が低下します。

③日中の眠気や疲労

質の低い睡眠は、日中の眠気や疲労感を引き起こします。花粉症による睡眠の質の低下が続くと、日常生活に支障をきたす可能性があります。


④心理的な影響

睡眠の質が低下すると、ストレスやイライラ感が増加する傾向があります。花粉症による睡眠障害は、精神的な健康にも影響を与える可能性があります。


これらのことは、とても身体に負担をかけ不調の原因になります。


次回は具体的な解決策を提案していきます。

続きを見る

menu

TEL.044-281-0810
予約する